ハリネズミのダニ対策

最近ハリネズミを見ることが増えてきましたよね。インスタで少し探せば可愛い画像がたくさん出てきます。家で飼いたい!って思っている人も多くなってきたんじゃないんですかね。でもハリネズミの育てかたがよく分からないから躊躇している人も多いと思います。そこでハリネズミの育てかたについて教えようと思います。

ハリネズミにダニはつきやすい!

そもそも飼ったその日からついていることのほうが多いので飼い始めて体を掻くしぐさをしていれば動物病院でダニ・カビの検査は必ずしてください。

あの短い脚で体を掻く姿はとっても可愛いですが、、、

それと、ダニがつく原因として屋外で遊ばせた時についてしまうこともあります。

庭くらいなら大丈夫だろうと思っていても、その庭の植物や虫にダニがついていたらハリネズミにも寄生する危険性が高くなりますので注意が必要です。

皮膚疾患が多い

ハリネズミは皮膚疾患がとても多い動物です。

皮膚トラブルのが多く、『フケ』『かゆみ』『脱針』で来院するハリネズミは非常に多く、その半分以上はダニや真菌症による感染症です。重症化すると体調に支障をきたします。

痒みはかなりのストレスになるので早めの治療が必要です。

ダニ対策

  • 砂場
  • お風呂
  • ダニ取りシート

砂場

砂場でハリネズミを遊ばせるとダニを落とすことができます。

またこれはハリネズミにとって良い運動にもなりストレスの解消にもなるのでまさに一石二鳥です。

ただし、ハリネズミはモグラの仲間なので基本的に砂遊びが好きですがあまり好きではない事もあります。

その場合はこの後に紹介する方法でダニを落としてください。

おすすめの砂はこちら↓

ハリネズミサンド/ハリネズミ用トイレ砂 砂あび 砂浴び はりねずみ 針ねずみ サンコー SANKO WILD 三晃商会

価格:477円
(2020/2/28 21:55時点)

お風呂

お風呂に入れることでもハリネズミのダニを落とすことができます。

それに皮膚トラブルを全体的に予防することもできます。

がもともとハリネズミは水を浴びる習慣がないため頻繁にお風呂で洗うことはオススメしません

入れ方

お風呂の入れ方

1.人肌ぐらいの温度にした ぬるま湯を用意する

2.ぬるま湯を洗面器に入れる
※ハリネズミの足が浸かり きらない適度

3.びっくりさせないように後 ろ足からゆっくりと入れる

4ゆっくりと手で背中にぬる ま湯をかけてあげる

5.タオルでしっかりと水分を拭き取る
※この時絶対にドライヤーを使わないでください。
熱風による火傷の危険性があります

汚れがひどい場合は柔らかいブラシとシャンプーを使ってください

基本的に嫌がりますし、ハリネズミにとってストレスにもなりますが清潔に保つためなので月に1回ぐらいは入れるようにしてください

入れすぎはダメです。ストレスが強すぎますので…

どうしてもお風呂に入れることができない時

どうしても全力で嫌がられて入れることができない等、ハリネズミをお風呂に入れることができない時は

蒸らした温かいタオルで背中を拭いてあげてくださいこれだけでも皮膚トラブル予防になります。

ダニ取りシート

ダニ取りシートは置いておくだけでダニを取ることができる優れものです。

シートを置いておく場所はハリネズミの寝床に置くのがオススメです。

しかし、使い方を間違えると全く効果がないので注意して使用してください。

ダニ取りシートのよくある間違った使い方

時々場所を変える

即効性に期待してる

効果範囲に適した枚数を使っていない

場所は変えない!

時々場所を変えてしまうとダニ 取りシートの意味がありません!

ダニ取りシートはダニが好きな匂いにつられてきたダニを取るので時々場所を変えているといつまでたってもダニがシートに辿り着かなくなってしまいます。

ダニ取りシートは時間がかかる!

ダニ取りシートに即効性はありません!

例えばダニ取りロボは公式サイトには設置してから捕獲するまでに2〜3週間かかるとされています。

効果範囲を考えて!

ダニ取りシートには効果範囲があります。例えばダニ取りロボの場合

  • ラージサイズ:約2平方メートル(2m×2m)
  • レギュラーサイズ:約1平方メートル(1m×1m)
  • プチサイズ:約0.5平方メートル(50㎝×50㎝)

とされています。

値段が高いのでできるだけ安く済ませたい気持ちは分かりますが、適切な枚数、サイズのダニ捕りロボを置くようにして下さい。

ニッケン ダニ捕りロボ ソフトケース ラージサイズ SF-L

価格:1,886円
(2020/2/29 21:01時点)

まとめ

普段から積極的に砂遊びをさせて月に1回お風呂に入れる!

そして寝床にはダニ取りシートを置いておく!

これで完璧