wordpressで  2種類のサイトマップを作る方法を徹底解説!【ブログ初心者必見】プラグインで簡単解決!

今回はサイトマップの作り方について2種類のサイトマップの作り方について説明します。

どちらのサイトマップも必要なのでつけてないブロガーさんは必ずつけるようにしましょう!

ちなみにふたつのサイトマップは

XMLサイトマップ

Googleのクローラーにどんなページがホームページにあるのかを示すサイトマップ

HTMLサイトマップ

ホームページに訪れたユーザーのためのサイトマップ

と言います。

もう一度言いますがどちらもつけていない、もしくは1つしかつけていないブロガーさんは必ずつけましょう!

スポンサードリンク

XMLサイトマップ

XMLサイトマップとは、ウェブサイト内の各ページのURLや優先度、最終更新日、更新頻度などを記述したXML形式のファイルです。

きちんと設定しておくことでGoogleのクローラーがサイトを正しく認識することができます。

特に、

  1. サイトのサイズが大きい
  2. 常時SSLサイト移行
  3. 公開したてのウェブサイト
  4. 複雑なリンク階層構造を持つウェブサイト
  5. モバイル対応サイトでPC向けとスマホ向けのURLが異なる場合

検索エンジンが記事を見落としてしまわないようにするために必ず設置しましょう。

検索流入を期待するならばXMLサイトマップがないと、致命的です。

XMLサイトマップの設置方法│プラグインが絶対オススメ!

それではXMLサイトマップの設置方法を説明していきます。

手動で設置する方法もありますが記事が増えると現実的では無い作業量になってしまうのでプラグインをおすすめします

Google XML Sitemapsというプラグインを使います。

プラグインのダウンロードはこちらから

手順1,プラグインを有効化

プラグインの導入方法

1,上記のURLよりプラグインをダウンロード
2,wordpress管理画面にてプラグインを開く
3,新規追加
4,プラグインアップロードを選択
5,先ほどダウンロードしたファイルを選択
6,有効化

プラグインを開いてから直接検索する方法もあります

手順2,設定をする

Google XML Sitemapsの設定の開き方

チェックする項目

(最初からチェックがついてるので基本的に触ることはないです)

  • Notify Google about…
    ⇒サイト更新時にGoogleに通知
  • Notify Bing(formerly MSN…
    ⇒サイト更新時にBingに通知
  • サイトマップのURLを仮想robots.txtファイルに追加
    ⇒検索エンジンにサイトマップの場所が正しく伝わるようにするもの
  • Try to automatically compress…
    ⇒サイトマップを圧縮する(軽くなります)
  • HTML形式でのサイトマップを含める
    ⇒サイトマップを人間から見て分かりやすくするためのもの(チェックを入れておけば良いかと思いますが、後ほどSearch Consoleに登録したときにエラーが出るようであれば、こちらを外してみましょう。)

手順3,Google Search Consoleへサイトマップを登録

ここまでの手順でXMLサイトマップの作成と設定ができました。次にGoogle Search Console(サーチコンソール)にサイトマップを登録しておきます。

登録するとGoogleが確実にサイトを認識してくれます。

まずurlを入力してプロパティを追加してください

初めてGoogleサーチコンソールを利用する場合は次のような画面が表示されます

URLプレフィックスを選んでください

GooglesearchConsole登録の例

初めてでは無い人は普通にプロパティを追加してください。

次に本人確認が必要です。

おすすめの方法とされている[HTMLファイル]で確認する方法を説明していきます。

HTMLタグを使う方法なら、WordPressの管理画面から確認を行うことができます。

まず[HTMLタグ]をクリックし、表示されるコードをコピーします。

次にWordPress管理画面のサイドバーから[外観]⇒[テーマエディター]を選んでください(使用しているテーマによってはもっと簡単にコードを貼るための画面があったりします 例.賢威、SANGO等)

画面右側に並んでいるファイル名の中からheader.php(テーマヘッダー)と書かれたものを探してクリックしましょう。

header.phpの枠内から</head>というタグを見つけ出し、この直前に先ほどコピーしたコードを貼り付けます!

最後にGooglesearchConsoleに戻って確認を押して終了です!

※キャッシュプラグインやサーバーでコンテンツ・キャッシュ設定を行っている場合は、それらをオフにしないと失敗する可能性があります

スポンサードリンク

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップ

次にHTMLサイトマップの設置方法について説明します。

HTMLサイトマップはあなたのサイトに訪れたユーザーが任意のページに辿り着きやすくします。

SEO面では関係ありませんがコンテンツが増えてくると任意のページに辿り着くことがさ難しくなってきます。

ユーザーアビリティを向上させるために必須なのでまだ設置していない人はこの記事を読んで設置するようにしてください!

HTMLサイトマップの設置方法│プラグインが絶対オススメ!

もし、手動でHTMLサイトマップを作るとしたらコンテンツを公開する度にサイトマップを書き直すことになります。非常に手間ですね

なのでHTMLサイトマップを自動生成してくれるプラグインを入れることを強くおすすめします。

HTMLサイトマップを自動生成するプラグインも色々ありますがおすすめなのはPS Auto Sitemapです

プラグインの導入方法

1,wordpress管理画面にてプラグインを開く
2,新規追加
3,PS Auto Sitemapを検索
4,プラグインをインストール
5,有効化

次にPS Auto Sitemapのページを作っていきます。

サイトマップページの作成をするには固定ページを使う。通常の投稿ページではPS Auto Sitemapが機能しないので気をつけましょう。

手順1,固定ページを作る

管理画面の左メニューより「固定ページ→新規追加」の順にクリックしてページを作成してください。

次にタイトル、パーマリンクを入力してください。

次は本文にPS Auto Sitemapコードを貼り付けます。

(テキストエディタまたはコードエディタに入力してください)

コードはPS Auto Sitemap の設定画面に用意されていますが、こちらのコードをコピーしても同じなのでこちらでコピーしても構いません

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

入力が完了したら、公開ボタンをクリックして固定ページをこうかいてください。

ページ公開をしたあと、ブラウザに表示されるURLの数字(ID)をメモしてください。

※でない場合は編集画面のURLからも確認してみてください

PS Auto Sitemapの設定

[サイトマップを表示する記事]では、先程の固定ページの数字(ID)を入力してください。

これができていないとサイトマップが正しく表示されません。

各項目の説明

ホームページの出力

チェックを入れるとサイトマップ内にサイトタイトルが表示されます。特に表示させる必要はないのでちぇっくする必要はありません。

投稿リストの出力

サイトマップに投稿ページを表示します。ここにチェックをいれないと全ての投稿ページが表示されません。必ずチェックするようにしましょう。

固定ページリストの出力

投稿ページだけでなく固定ページも表示させたい場合にはチェックを入れてください。

サイトマップを表示する記事

先程メモしたサイトマップを表示する固定ページのIDを入力してください

出力階層制限

カテゴリーの階層をどこまで表示させるか設定できます。指定した階層より下のリンクは表示されなくなります。

「階層?なにそれ?」という人は制限なしにしておいてください。

先に出力するリスト

投稿ページと固定ページの両方を表示させる設定にした場合にどちらを上に表示させるかを決ることができます。どちらの方が良いとかはないので好きな方でいいです。

除外カテゴリー

IDを入力することで、サイトマップに表示させたくないカテゴリーを非表示にすることができます。IDの調べ方は先程サイトマップを表示する固定ページのIDを調べた方法と同じです。

除外記事

IDを入力することで、サイトマップに表示させたくない記事を非表示にすることができます。IDの調べ方は先程サイトマップを表示する固定ページのIDを調べた方法と同じです。

スタイルの変更

サイトマップのデザインを選ぶことができる。

キャッシュの使用

別のプラグイン等でキャッシュの使用をしている場合ははずしておいてください。

すべての設定が完了したら「変更を保存」ボタンをクリックします。

以上で PS Auto Sitemap 設定は完了です。

あとはグローバルメニューに追加して

おわりに

これでどれだけたくさん記事を書いてもユーザーがサイト内で迷子になることはないでしょう。

はい、ということでどんどん記事を書きましょう!

え?ネタギレ?そんな人にはこの方法を試してほしいです。

https://frontierwebinar.com/wp-admin/post.php?post=254&action=edit